PANDORA

イギリス ロンドン 情報 掲示板 パンドーラ パンドラ PANDORA

FREE Classified Advertising Noticeboard
powered by ジャーニー
Select Japan
掲載日: 8 Nov
一覧に戻る
スマートホン版

チーズ講座: (フランスチーズ - フランス中南部編+北欧便り)残席1有

カテゴリー

チーズ

ZONE 1
最寄り駅

Southwark

徒歩7分
Jubilee Line Jubilee Line

London Bridge

徒歩10分
Jubilee Line Jubilee Line
Northern Line Northern Line
National Rail National Rail
所在地 詳細マップを見る
名前
E-mail kanako@cultureandculture.com
ホームページ https://cultureandculture.com/japanese/

Report

CLOSE

日時:11月10日(土)午後2時〜
場所:Nippon Club(A会議室) *
Ground Floor, Europoint Centre, 5-11 Lavington Street, London, SE1 0NZ
参加費:40ポンド(教材、試食チーズ込み)
*日本クラブの会員である必要はありません。
どなたでもお気軽にいらしてください。

ヨーロッパ各国、各地域をチーズベースで旅するシリーズ。ヨーロッパチーズの基礎ともいえるフランスチーズ。ロワール川流域の伝統チーズについて知る講座です。

チーズという1つの文化の成立には、地域の風土や環境条件がその基盤にあります。フランスの風土は多様性に富み、気候や天候のパターンが、各地域で生産されるチーズに大きな影響を与えています。火山地帯である中央高地(オーヴェルニュ圏)は、耕作には向かない、やせた土地柄であるため、牧畜が発達し、フランス最古のチーズといわれる大型のチーズや、多くのブルーチーズを生みだしました。中央高地から大西洋に流れ出るロワール川流域は、「フランスの庭」とも表現されるほど、風光明媚な景観が広がります。この地域のチーズといえば、芸術的なシェーヴル(山羊乳製チーズ)の数々。中央高地の南へとつながるミディ=ピレネー圏や、地中海沿い一帯は牧草の確保が難しく、小型で粗食にも耐える山羊や羊の乳から作られるチーズが発達しました。本講座ではこれらの地域に焦点を当て、各地域の環境条件と伝統チーズ料理を始めとするチーズ文化、そして各地域を代表する飲み物との関連性を探求します。試食チーズは全てイギリスで購入しやすいものばかりを揃えますので、イギリスにいながら、フランス産のチーズも探求していきたいという方にお勧めの講座です。ロンドンのどういったところで、どのようなフランスチーズを、どのように取り扱っているのかもお話いたします。

さらに・・・11月初旬にノルウェーのベルゲンで開催される World Cheese Awards 2018にCulture & Cultureも審査員として参加します。この間、ノルウェーのチーズ工房やノルウェーの農産品メーカーも視察してきます。せっかくの機会ですので、本講座では、特別おまけとして知られざる北欧のチーズの試食、食文化の紹介も予定しています。
参加お申し込み、お問い合わせは以下のリンク内の専用フォームよりお願いします:
https://cultureandculture.com/europe3/

左クリックすると写真が拡大されます

投稿者がポストコードを入力している場合、赤い線で囲まれた部分が指定されたポストコードのエリアです。

記事NO:0008569

一覧に戻る
友人に送る

このページを転送

差出人
パンドーラ管理<no-reply@pandorajourney.co.uk>
宛先
イギリス ロンドン クラシファイド掲示板 PANDORA
(シェア フラット 部屋探し 賃貸 不動産 求人 就職 アルバイト 帰国売り)
http://www.pandorajourney.co.uk/

-----

Powered by ジャーニー
http://www.japanjournals.com/
						
Facebook
Twetter

Contact Us

Select Japan

Online Journey

cookbuzz English

cookbuzz Japanese

英国テレビガイド

イベント情報

今月の星占い

天気予報

Copyright © pandorabyjourney.co.uk

CLOSE

この投稿を管理者にレポートする

詳細を教えてください。

レポート送付に関する規約

この投稿が不当なものであると判断された方は管理者(Japan Journals)にその旨をレポートすることができます。レポートを受けた管理者は、対象となる投稿を精査した後、状況によっては投稿者にレポートが届いたことを通達し、投稿者に適切な対応を要請したり、改善を促す場合があります。特定されないよう、レポート送付者の個人情報を提供することはありません。あくまでもレポートの内容のみを伝達します。

ただし、問題の状況が事件性を含んだ深刻なものである場合、英国の警察や司法などの専門機関と連携する場合もあります。それに備えて問題の当事者であるレポート提出者は管理者がいつでも連絡できる状態にある必要があります。従って当パンドーラのレポート機能は、匿名のもの、電話番号、電子メールアドレスを記載せずに送信することができないように設定されています。また、虚偽、または架空の情報で提出できた場合でも、管理者側から提出者に連絡が取れない場合、管理者はこれを不適格レポートとして処理せざるを得ず、何らの行動も起こせないことを予めご了承ください。

お名前(半角ローマ字)(必須)
電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
携帯電話番号(※電話番号か携帯電話番号どちらかは必須
電子メールアドレス(必須)